部屋インテリア一人暮らし

一人暮らしの部屋をステキにするインテリア。

初めての一人暮らし。今まで家族と一緒に過ごしていたけど、これからは一人で暮らす。
・・ということは、生活に必要なモノは自分で揃えることになる。

もちろんそれは出費があって苦しいけれど、とても楽しみなこと。
せっかくの一人暮らしだから、自分を表現出来る部屋にしよう!

スポンサードサイト


インテリアで考慮すべきこと

インテリアを揃える前に、まずどんな部屋にしたいか「コンセプト」を決めましょう。
どんな部屋に住みたいですか?

まずは、考えを十分に洗い出してみましょう。

初めは、あまり考えずに、希望や想いを書き出してみることです。
切り口としては・・

 好きなデザインテイストは?(北欧調、アジア調、エスニック、和風?) 
 どんな気分で過ごしたいか?
 好きな色は?、嫌いな色は?
 現状で解消したい問題点は?(収納、コンセント、大きさ)

想いが出尽くしたら、今度はそれを統合する作業です。
洗い出したキーワードから見えてくるお部屋のコンセプトを表してみましょう。

例えば・・・

「ホームパーティが出来る、明るいモダンな空間」
「落ち着きのある、エスニック」
「シンプルで機能的なモダン」
「ナチュラルでシックな、ナチュラルモダン」

一人暮らしの部屋なので、広い部屋ではないでしょうが、 その部屋をどうしたいかコンセプトを明確にすることは、とても大切な作業です。


部屋の構造も考えておく

コンセプトがしっかりしていれば、部屋全体の統一感もまとまり、 あなたにぴったりの部屋が出来るでしょう。

しかし、使い勝手も良くないと、住みやすい部屋とはいえません。

せっかく買った冷蔵庫や戸棚の扉が、入り口を塞いだり、取り出しにくかったりすれば、 せっかくの部屋も、住みにくい部屋になります。

そうならないためには、部屋の構造をあらかじめ調べておき、どこに何を置くかを決めると良いでしょう。 間取り図を書いて、お部屋の動線を描き、実際に使っているシーンをイメージしてみると、 いい点、悪い点が見えてくると思います。

その上で、コンセプトにあった家具類を揃えていきましょう。

スポンサードサイト


一人暮らしニュース

スポンサー広告

受験生や資格試験を受ける人のための頭がよくなるサプリが人気です。
アロマの資格を十分に生かせるのが、アロマテラピー検定試験の内容や受験対策などをお知らせします。




Copyright 2006-2009 オフィスレイアウトの事例 All rights reserved.